ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 犯罪人引き渡しの条約をサッサと締結しろ。

<<   作成日時 : 2007/08/23 00:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日・ブラジル外相、犯罪人引き渡しの作業部会設置で合意

 ブラジル訪問中の麻生外相は21日夜(日本時間22日午前)、ブラジリアの同国外務省でアモリン外相と会談し、犯罪人引き渡し条約の締結問題などを話し合うため、両国政府の司法担当者による作業部会を設置することで合意した。

 今年秋にも、両国政府の課長級職員が参加した第1回協議を東京で開く。民事、刑事の司法手続きを迅速に進める「司法共助」のあり方や、受刑者移送の問題についても話し合う見通しだ。日本では、ブラジル人の増加に伴い、両国間の司法制度整備が急務となっていた。ただ、ブラジルでは憲法で自国民の犯罪人は原則として外国に引き渡さないことを明記しており、協議が難航する可能性もある。

 現在、両国間には犯罪人引き渡し条約がないため、日本で罪を犯したブラジル人が帰国した場合、日本政府はブラジル国内法に基づき「代理処罰」するよう求めるしか方法はない。麻生外相は会談で、「日本の処罰要請に迅速に対応していることに感謝する」とブラジル政府の対応を評価したうえで、作業部会の設置を提案。アモリン外相も受け入れた。

 代理処罰をめぐっては、1999年に日系ブラジル人の男が静岡県浜松市で女子高生をひき逃げし、死亡させた事件で、今年2月、日本政府からの代理処罰要請に基づきブラジルで初めて容疑者の裁判が行われた。



何人の日本人がブラジル人の犯罪で泣きを見ていることか。

ブラジル人を管理しなければならない。

出国する時は確実に犯罪をしていないか、時間をかけて検査しなければならない。

其のほうが検挙率も上がるのではないか?www

ブラジル人は狡賢いからね。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
犯罪人引き渡しの条約をサッサと締結しろ。 ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる