ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 独身ストーカー殺人警察官

<<   作成日時 : 2007/08/23 00:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

<射殺警官>待ち伏せなどストーカー行為も 女性被害訴え 

8月22日

 警視庁立川署地域課の友野秀和巡査長(40)が飲食店従業員、佐藤陽子さん(32)を射殺後に自殺した事件で、佐藤さんが今年5月ごろ、周囲に「客の警察官にストーカーされている」と訴えていたことが分かった。同署捜査本部も佐藤さんの自宅周辺をうろつく友野巡査長に似た男の目撃情報を確認しており、友野巡査長が佐藤さんに一方的に好意を寄せ、ストーカー行為の末に殺害した疑いが浮上した。
 警視庁は事件直後、知人同士の無理心中との見方を示していたが、関係者によると、佐藤さんは今年5月、行きつけの飲食店店長に、「客の警察官から1日何十件も電話の着信があった」「家の前に24時間張っていたりする」などと相談。「旅行帰りに羽田空港で待ち伏せされたこともある」と話したという。
 佐藤さんは店長に巡査長の名前は伝えなかったが、その後、この店に友野巡査長が私服姿で現れ、名前を名乗って警察官だと明かした。そのうえで店長に「陽子さん知ってる?」と質問。「あいつの店のナンバーワン。これまで300万円つぎ込んだ」などと話したという。友野巡査長は、店長が名乗らないのに名前を知っていたといい、事前に佐藤さんの交友関係を調べていた可能性がある。
 友野巡査長は独身であきる野市の実家で両親と同居。昨年12月に客として佐藤さんの勤務先を訪れ、知り合ったらしい。佐藤さんは介護福祉士の資格取得を目指し、勉強に専念するために今年2月ごろから店を辞めたいと話していたという。
 捜査本部によると、友野巡査長は今年に入り、非番の日に実家に帰る時間が遅くなり、外泊もあった。生活費の負担として親に払う金額も減り始め、1〜2カ月前には親に借金も申し込んだという。
 友野巡査長の携帯電話には発信履歴が残っておらず、巡査長が自分で消去した可能性がある。佐藤さんの自宅近くでは約1カ月半前からアパートの様子をうかがう不審な男が複数回にわたって目撃されていた。
 立川署捜査本部は22日、友野巡査長と佐藤さんの2人の遺体を司法解剖するとともに、友野容疑者の自宅を殺人容疑で家宅捜索した。



警察官にストーカーされたらどうすればいいのか?

あまりに被害者の女性が気の毒です。

警察官も人の子ですから、色々な欲もあるでしょうが。

酷すぎますね、これは!!!

完全に殺す為に2〜3発も被害者に銃を発射して。

警察官の犯罪が多発しています。

警察官の人格検査を厳しく実施してほしいですね


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
私も現職警察官に冤罪をかけられた。
冤罪警察官元愛知県安城警察勤務馬場某、偽被害者愛知県安城市里町足取り梶山博元熊本警察署長、元警察幹部と言うことで鵜呑みで被害届を出したのだろう。検事の取調べを受けたが警察官の事実誤認であったことが判明、訴えを取り下げたが、名誉毀損で警察に告訴したが黙認された。警察官を見たら泥棒と思え。職権を乱用して警察官の犯罪行為が頻繁に行われている。今回の被害者の対する補償金は当然国家が加害者となる。遂に犯罪国家に成り下がった。慰安婦の問題もあながち嘘でっち上げではなさそうだ。
翔龍。
2007/08/23 02:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
独身ストーカー殺人警察官 ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる