ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 大仁田厚この男アホにつき

<<   作成日時 : 2007/08/27 00:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

大仁田氏“自称・政治評論家”改造人事勝手に予想「丸山弁護士を法務大臣に」

 参院選をドタキャンし政界引退を表明した大仁田厚氏(49)が25日、新しい肩書を「自称・政治評論家」とすることを明かし、頼まれもしないのに内閣改造人事を予想した。

 この日、東京・新宿でゲームソフト「大仁田厚の政治クイズDS」(9月27日発売)のPRイベントに参加し、政治評論家としてデビューした大仁田氏。「新内閣を大予想させていただく。麻生外相の幹事長は決まり。外遊から戻ってきたのは組閣作業するためです。小池防衛相は、けん制球を投げてるけど、この脅しに屈して環境大臣とかに横すべりさせるなら、安倍政権は完全に死に体になる」ともっともらしくバッサリ。

 さらに「逆に安倍政権は変わったな、と思わせるサプライズ人事としては、丸山弁護士の法務大臣。ゴマすりで参院政審会長になった舛添氏の入閣もあり得る」と無責任&邪推な大胆予想を披露した。

 この日のイベントでは「グレート・ニタ」カードを小学生のファンに手渡しながら「スキャンダルのさくらパパ(横峯良郎参院議員)は辞めるべきか?」と聞いて、うなずかせ「オレが言ってるんじゃない。素直な子どもの意見なんです」と露骨な世論誘導も。「猪木さんのように(不祥事には)丸坊主で謝罪するべきだ」とかつら着用のさくらパパには難しい要求を突きつけた。




大仁田厚は金を稼ぐ為には手段を選らばねえな!

恥を知らない人間は強いね。

自分の不祥事はサッサと議員を辞めてほとぼり冷ます所は悪知恵もそこそこ働きます。

しかし有権者をコケにした事に気づいていない。

馬鹿は死んでも直らないね。

それが政治評論家か?

トンパチはいつまでもトンパチだな!

大仁田厚。恥知らずで、ゴキブリ並みの生命力だな。wwwwww

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
動物園のマントヒヒかゴリラの類、野に放された危険動物、密林に囲まれて余生を送るなら兎も角、まだ園内に留まり演技をして大衆の受けを得ようとしている姿は滑稽としか見えない。
翔龍。
2007/08/27 03:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
大仁田厚この男アホにつき ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる