ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 殺人スーパーマーケット「京都三條ストアー」

<<   作成日時 : 2007/08/27 00:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

過労死:明治屋支店社員遺族が損賠求め提訴 謝罪なく「安全配慮義務怠った」 /京都

 05年4月に食料品輸入販売会社「明治屋」(本社・東京都中央区)の「京都三條ストアー」(中京区)の社員だった岩田謙吾さん(当時27歳)が死亡したのは、同社が長時間労働をさせて安全配慮義務を怠ったためだとして、両親=西京区嵐山樋之上町=が同社に総額9022万円の損害賠償を求める訴訟を24日、京都地裁に起こした。

 訴状によると、岩田さんは96年に入社し、同店で鮮魚調理や販売を担当。05年4月7日夜に帰宅し、疲れで入浴もできずに就寝したが、翌8日未明に急性心不全で死亡した。労働時間は死亡の半年前から月平均290時間超で、直前の1カ月間は13時間余りの日が多く休みは1日だけ。3月は法定を132時間上回る316時間に及んだ。

 京都上労基署は同年11月に労災認定し、その際の地方労災医員協議会の意見書は「異常な時間外労働で著しい疲労蓄積をきたし、短期的にも長期的にも過重業務だった」と指摘。同社と当時の店長(45)は今年6月、労基法違反罪で東京簡裁で各罰金30万円の略式命令を受けて確定している。

 提訴後に記者会見した母町子さん(58)は「会社から『代わりはいくらでもいる。息子さんは勝手に亡くなった』と言われ、いまだに謝罪の言葉はない」と憤り、「息子の死を無駄にさせないよう頑張りたい」と話した。

 岩田さんの死亡後、同店の従業員はほぼ全員が異動になったといい、同席した弁護団長の村山晃弁護士は「会社にきちんと責任を認めさせる必要がある。再発を防ぐためにも、当時の労働状況を知る人は情報を寄せてほしい」と呼びかけた。連絡は同弁護士(075・211・4411)へ。

 

今、スーパーマーケットは何処も同様な状況だ。

真面目に働けば働くほどに、こき使われる。

残業代も支払われるのはまだマシなほうだ。

残業を申請させる方法を面倒な手段にしてみたり、半ば強引な方法を使ってサービス残業をさせたり、スーパーの従業員は奴隷扱いである。

逆にスーパーの従業員が皆で堕落し場合は、ダイエーの様に業績をドンドン落としてしまう。

そもそもは会社の体制がある。

本社勤務の人間が楽をして店舗の人間をただの駒のように考えていることが主なる原因だ。

従業員の待遇を悪くすれば退職者が増え、残りの従業員の労働環境は益々悪くなる。

利益を上げる為に従業員は補充せず、益々残りの従業員の労働環境過酷になる。

そのうち・・・・・・・・・・・・チ〜ン

どう、考えても会社側に責任があります。

「京都三條ストアー」は『代わりはいくらでもいる。息子さんは勝手に亡くなった』何て事を亡くなった従業員の家族に言い放った。

許されません。

殺人スーパーマーケット「京都三條ストアー」




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
殺人スーパーマーケット「京都三條ストアー」 ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる