ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!

アクセスカウンタ

zoom RSS それでも敢えて言おう警察官は正しかった!

<<   作成日時 : 2007/09/07 00:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

電車で拳銃型ライター「駅員注意でしまっていた」と訂正

 電車マナーの悪い高校生(16)を殴ったとして神奈川県警大和署の巡査長(33)が現行犯逮捕されたことに、県内外から県警に巡査長を擁護する意見が6日夕までに約1000件寄せられ、県警は事件についての説明が足りなかったと、異例の2度目の記者会見を行った。

 県警は「寄せられている意見は『高校生が言うことを聞かないから殴った』という誤解に基づいている」と困惑している。

 寄せられた意見のほとんどは「殴ったのは悪いが逮捕する必要はない」「マナーの悪い若者を注意できなくなる」「厳しい処分をしないで」などと巡査長を擁護する内容。数件だけ「暴力は絶対にいけない」と巡査長の行動をいさめる意見があったという。

 再会見は、巡査長が逮捕された翌日の5日に続くもので、西村昇監察官室長が行った。西村室長は「高校生は駅員らに注意を受けて素直に従っていた。巡査長はいきなり高校生の髪の毛をつかんで殴った」と説明した。

 県警によると、高校生は4日夜、横浜市旭区の相鉄線二俣川駅で急行電車から普通電車に乗り換えた後、発車するまでの間、拳銃型ライターを持ち出して、西部劇のつもりでホームに向けて撃つまねをした。この様子を見た車掌らが注意し、高校生は「分かりました」と従い、ライターをカバンにしまった。

 巡査長は隣の車両から高校生が注意を受ける様子を見ており、電車の発車後、車内で高校生が友人と談笑しているのを見て「反省していない」と思い込んだ。巡査長は、一駅先の同区・鶴ヶ峰駅改札口を出た先の階段で、高校生を呼び止め、髪の毛とカバンをいきなりつかんで階段を下り、「カバンの中のものを出せ」と迫って顔を殴った。高校生は反論しないで黙っていた。

 高校生の母親から6日、「事実関係が間違って伝えられている」と苦情が寄せられており、県警は「巡査長の行為は警察官として許されない行為。注意したというより、因縁をつけて殴った状況で、巡査長の行動を正当化する見方に戸惑いを感じる」としている。




警察の過敏な反応は理解できる。

が、しかし敢えて言おう。

この警察官を責めるべきではない。

まずこの高校生のした悪戯を考えるべきだ。

ピストル型のライターをホームに向けて撃つまねをした遊んでいただと?

ふざけるな!

その行為だけで犯罪である。

駅員に注意されて反省しだと?

なら何故すぐに笑えるのか?

辞めれば良いとか反省したから許されるという問題ではない。

こういうガキは体で教える必要がある。

本来ならこのガキの親が自ら殴りまくる位の躾をする必要がある。

甘やかされすぎだ。

16歳にもなってやって言い事と悪い事の区別がついていない訳だ。

体罰で躾けるしかない。

このガキの親もろくな親ではないな。

電車の周りの乗客はさぞかし迷惑だったろうな。

今の時代、公共の場所でわきまえるべき常識があるはずだ。

ピストルを振り回し遊ぶなんてことは言語道断だ。

何を警察は弱腰になっているのか?

馬鹿なガキがつけあがるだけだ。

この警察官の行動は正しい。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
だいたいライターを持ち歩く高校生って何?高校生の親も過保護だろ。この親は息子に喫煙は二十歳からと言えないのか。弱腰警察は馬鹿にされるぞ。
チャンボ
2007/09/07 09:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
それでも敢えて言おう警察官は正しかった! ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる