ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 子供を産む資格 

<<   作成日時 : 2007/09/08 04:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

奈良、札幌の受け入れ拒否 「受診しない妊婦にも責任」 出産費用未払い背景(09/07 09:23)

 奈良県や札幌で、救急搬送された妊婦の受け入れを医療機関が相次いで断った問題で、拒否された患者全員が出産まで一度も産科を受診してなかったことから、産婦人科医の間で批判の声が上がっている。背景には札幌市内だけで年間一千万円を超す出産費用の未払いがあり、救急態勢の改善だけで問題は解決しない。

 「病院や役所ばかり責められるけど、妊娠六カ月まで医者に行かない妊婦がそもそも悪い」

 札幌市内の総合病院の産婦人科で働く四十代の男性医師は、奈良の女性の自己責任を問う。奈良の女性も、札幌で五回以上受け入れを断られた女性五人も、全員に産科の受診歴が無かった。

 「妊娠したかなと思ってから出産まで約二百八十日。その間、一度も受診しないというのは確信犯ですよ」。札幌市産婦人科医会の遠藤一行会長も語気を強めた。

 通常の患者は妊娠の兆候に気づいた時点で産科にかかる。容体が急変しても、119番通報すれば、かかりつけ医に運ばれる。国民健康保険なら一人三十五万円の出産育児一時金も支給される。

 遠藤医師が「確信犯」と嘆く患者の大半は国保の保険料が未納、または無保険者という。保険料未納なら、失業や災害など特別な事情がない限り一時金は差し止められる。保険を使えないので妊娠しても産科にかからず、陣痛が始まってから119番通報する。

 「救急車に乗れば必ずどこかの病院に行けますから。無事産んだら、退院する段になってお金がない、と。ひどい場合は子供を置いて失踪(しっそう)する。病院はやってられませんよ」。遠藤医師は嘆く。

 同医会の調査によると、二○○六年度に、救急指定を受けた札幌市内の十四医療機関だけで、出産費用の未払いは二十六件、総額一千万円を超す。同医会理事で市立札幌病院の晴山仁志産婦人科部長は「予想より多い数字」と驚いた。

 医療機関からみると、かかりつけ医がおらず、救急搬送される妊婦は、未熟児などの危険性が不明でリスクが高い上、出産費不払いになる可能性も高く、受け入れを断る病院が出てくる。

 ただ、産科にかからない妊婦を責めるだけでは、子どもの生命は守れない。胆振管内で産婦人科を開業する六十代の男性医師は「産科に行かない妊婦にはそれぞれ事情がある。救急態勢以外に、母親側の背景を検討して対策を講じないと、問題は繰り返される」と訴えている。



妊婦の病院たらいまわしの一つの原因は妊婦の自己責任という面もあるようだ。

医師は患者を助ける義務はあるが妊婦にも子供を無事産む為の責任と義務があるということだ。

病院側も経営が成り立たなければ潰れてしまう。

産む側も経済的に不可能ならば人間として責任ある行動をする事が大事であり、犬や猫ではないのだから人間としての常識を持った行動が求められる。

ましてその程度の事が出来ない人間が親になれば保育費未納、給食費未納を起こす可能性は高い。

常識の無い親に育てられた子供は親にもまして非常識な人間に成長して社会の害毒となる。

子供を産む資格の無いアホが多すぎる。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
入居一時金の保全措置
入居一時金の保全措置有料老人ホーム等に入居するときには、家賃相当額に充当するために、何百万円~数千万円を一時金としてホームに入金するのですが、万が一そのホームが経営難に陥り、「倒産」┌|゜□゜;|┐ガーン!!となったら入金したお金はどうなるのでしょうか?残念ながら「返って来ません。」・・・となると最悪ですよね。^^;ですので、法律では「一時金の保全措置」が義務付けられています。一般的には、有料老人ホーム協会に入っているホームは、「協会基金制度」により、万が一ホームの経営が破綻... ...続きを見る
【Rescue介護】 レスキュー介護 介...
2007/09/18 09:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
子供を産む資格  ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる