ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!

アクセスカウンタ

zoom RSS ブッシュが思わず 「Oh My God!」

<<   作成日時 : 2007/09/11 23:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

シドニーでの盧大統領の発言に「ああ、なんてことだ!」…米誌

「もうジョージ・ブッシュ米国大統領が盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領に好感を覚える可能性は少しもない。我々はすでに盧大統領の退任する日があとどれだけ残っているのかを指折り数えている」。

米国ワシントン政界の消息を伝えるネルソンレポートは7日、オーストラリアのシドニーで行われた両首脳の記者会見を見守ったホワイトハウス消息筋がこう伝えたと明らかにした。

ネルソンレポートは「盧大統領が7日、北朝鮮との平和協定問題をめぐりブッシュ大統領に繰り返し誘導的質問を投げかけてブッシュ大統領を驚かせた。盧大統領の儀典上の欠礼に対しブッシュ大統領だけではなく現場の(米国)記者たちも驚いたようだった」と伝えた。

同誌は「盧大統領がブッシュ大統領に(平和協定問題に対して)“もっと明確に言ってくれ”と言ったとき、ブッシュ大統領は信じられないというように(盧大統領を)にらんだ」とし「そのとき全国民(米国人)の心に稲妻のように走り過ぎたのは“ああ、なんてことだ…!Oh My God!”という思いだった」と紹介した。それとともに「ホワイトハウスに密接な消息筋は『彼(ブッシュ大統領)の顔に表れた(いらだちの)表情を皆さんは決して見たくないはずだ』と言った」と伝えた。

ネルソンレポートは「盧大統領が南北首脳会談で発表する計画の韓半島平和宣言に対し、ブッシュ大統領がそれを支持すると主張しているといえるような表現を取り付けるため、ブッシュ大統領を圧迫しようとしたというのが米国消息筋の分析」だとし「しかし米国は南北が合意する何の当事者でもない」と強調した。また「韓国戦争を終結する公式平和条約と韓国は関連がない(国連と北朝鮮、中国の問題という意味)」と付け加えた。

同誌は「ブッシュ大統領は『プーチン(ロシア大統領)の魂を見た』と言うなど(外交)政策と関連して非常に個人的なアプローチをするが、盧大統領に対しては長い間あまり良くない見解(poor opinion)を持っている」とし「それは米国が強硬な対北政策を駆使した際、韓国の支持が一貫性を維持しなかったからだ」と主張した。



韓国人は勘違いしているんだな。

特に整形大統領盧武鉉(ノ・ムヒョン)の事など世界は政治家として認めていないのだ。

愚かな北朝鮮への太陽政策で結局、核兵器を保持させてしまった。

この責任は万死に値する。

まぁ、あと少しで盧武鉉(ノ・ムヒョン)は投獄される可能性もある。

日本国民は楽しみにしていましょう。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブッシュが思わず 「Oh My God!」 ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる