ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 光母子殺害事件の弁護団が責任転嫁を始めました。

<<   作成日時 : 2007/09/18 02:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

光母子殺害裁判めぐり広島市で集会
 
 山口県光市で8年前起きた母子殺害事件のやり直し裁判をめぐり16日、犯罪報道などを考える集会が広島市で開かれました。

 集会でははじめに、殺人などの罪に問われている被告の元少年の弁護団が、これまでのマスコミ報道について「弁護団の主張の一部が意図的に切り取られ、一般の人に事実が正確に伝わっていない」と話しました。

 続いて、松本サリン事件の被害者で一時、容疑者扱いされた河野義行さん(57)が講演に立ち、マスコミ報道の怖さを指摘しました。

 「新聞・テレビは事件の全容を出していない。切り取っている。切り取っている以外に大きな事実がある。それを認識して報道に接することが大事」(河野義行さん)

 広島高裁での光母子殺害事件の差し戻し審は、18日から再び集中審理が開かれます。





今度はマスコミに責任転嫁を始めた光母子殺害事件の弁護団達。

国民はマスコミに煽られたわけではないのにね〜

弁護士さんは少し社会勉強をした方良いんじゃねえの。

まるで自分達を神様とでも思っているのかね?

この裁判は罪の無い二人の命を私欲の為に惨殺した犯人を裁いているだけの事。

その罪に見合う刑を決めるだけの事。

多数の国民は死刑が当然であると思っていること。

それだけだ。

血迷っている弁護士は何様なんだろうね?

それもドラえもんを登場させたり、裁判をすっぽかしたり。

それが弁護士のやる事かね?

それに対して不信感を抱いた国民が懲戒請求を提出したまでの事。

そして今度は脅しを掛けて懲戒請求を封じ込めようとする弁護士達。

弁護士法にもきっちり書いてある。

誰でも懲戒請求を出せると。

それを屁理屈で退けようとするのが弁護士のやる事であろうか?

日本弁護士会は全員、精神鑑定を受けたほうがいいんじゃねえか?






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
光母子殺害事件の弁護団が責任転嫁を始めました。 ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる