ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 身勝手な殺人犯 二人を殺しておいて自分は許してだとさ!

<<   作成日時 : 2007/09/19 00:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

<2園児刺殺>鄭被告に死刑求刑 大津地裁
9月18日


 滋賀県長浜市で昨年2月、グループ通園中の幼稚園児2人が刺殺された事件で、殺人罪などに問われた鄭永善被告(35)=中国籍=の論告求刑公判が18日、大津地裁(長井秀典裁判長)で開かれた。検察側は「未来ある幼児2人の命を奪った犯行は冷酷非道な鬼畜の所業。刑事責任は極限的に重大」などとして死刑を求刑した。一方、弁護側は最終弁論で、鄭被告が心神喪失状態だったとして無罪を主張した。判決は来月16日の予定。
 最大の争点は刑事責任能力の有無で、鄭被告が事前に凶器や逃走資金を準備したことなどから、検察側は論告で犯行の合理性を指摘。善悪を判断し、行動を制御する完全責任能力を備えていたと主張した。動機は、鄭被告の長女が被害者からいじめられていたと邪推したため、などとした。
 一方、鄭被告は今年2月の初公判で「砂人形を刺した」と起訴事実を全面否認し、弁護側も鄭被告が事件前から幻聴や不眠を伴う統合失調症になり、異常行動を繰り返していたとして「事件当時は心神喪失状態だった」と主張。精神鑑定した医師も「統合失調症による強い妄想に支配されていた」として心神耗弱状態だったとする鑑定結果を出したが、鄭被告は今月11日の被告人質問で「子どもを刺した」と起訴事実を一部認めた。
 このため、弁護側は最終弁論で「投薬治療の結果、統合失調症の症状はかなり改善し、事件に関する供述が比較的鮮明になってきた」として「2人を刺した実行行為は認める」と述べたが、心神喪失の主張は変えず、改めて無罪判決を求めた。 起訴状などによると、鄭被告は昨年2月17日午前9時ごろ、長浜市相撲町の農道に軽乗用車を止め、通園のため、後部座席に乗っていた武友若奈ちゃんと佐野迅君(いずれも当時5歳)の胸や背中を包丁で多数回刺し、出血性ショックで死亡させた。



     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


鄭被告「助けてください」=2園児殺害事件が結審−大津地裁
9月18日

 滋賀県長浜市で昨年2月、幼稚園児2人が通園途中に刺殺された事件で、殺人や銃刀法違反などの罪に問われた中国籍の女、鄭永善被告(35)の公判は18日午後も、大津地裁(長井秀典裁判長)で開かれた。検察側の死刑求刑を受け、同被告は最終陳述で「申し訳ございません。二度とこんなことが起きないように頑張りますから助けてください」と述べ、結審した。
 判決は10月16日に言い渡される予定。
 被告側は最終弁論で、「鄭被告は統合失調症のため著しい衝動性、攻撃性を有し、行動が制御できなくなった」と主張。事件当時は心神喪失か心神耗弱の状態だったとして、無罪か減軽を求めた。 

           
      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


凶悪な殺人犯も死刑の前で「申し訳ございません。二度とこんなことが起きないように頑張りますから助けてください」などと言った。

ふざけているな。コイツは。

ごめんで済めば警察はいらない。

「申し訳ございません」とは取り返しのつかない犯罪では意味の無い言葉である。

「二度とこんなことが起きないように〜」何度も起こされては迷惑だ。

「頑張りますから〜」何を頑張るというのか?素直に死ね言われているのだ。

頑張る必要は無い。おとなしく罪を認め刑に服せば良いのだ。犯罪者に頑張ってもらってもしょうがない。

「助けてください」とは二人を殺した、それも無抵抗の未来ある幼児二人を殺した殺人者に使う事が許される言葉ではない。

被害者の痛み、苦しみ、恐怖、残された遺族の悲しみ、苦しみ、憎しみを少しでも癒し、報いるには死刑しかない。

悪あがきや、下らない死刑廃止論が立ち入る余地は無い。

罪に見合う当然の刑。

それは死刑しかない。

弁護側は最終弁論で、鄭被告が心神喪失状態だったとして無罪を主張しているが、可笑しな事だ。

鄭被告は最終陳述で「申し訳ございません。二度とこんなことが起きないように頑張りますから助けてください」なんて訴えているが、都合が悪い時は精神病で都合が言い時は正気なのか?

そんな言い訳は通じないな!

弁護士達の常識では殺人者は皆精神病で、殺された人は運が悪いだけになってしまうんだな。

そんな馬鹿な事は許されない!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大相撲土俵に女性乱入!
朝青龍問題で揺れる相撲界で、またまた前代未聞のハプニングが起こった。“事件”が起きたのは大相撲秋場所11日目(19日、両国国技館)。1敗の豪栄道対2敗の豪風の取組直前に、中年女性が女性警備員の制止を振り切って土俵に乱入した。錦戸審判(元関脇・水戸泉)や控えの高見盛が“緊急出動”して事態は収拾したが、突然の乱入者に両国国技館は騒然となった。衝撃の場面は、豪栄道対豪風が制限時間いっぱいとなり、両力士が最後の塩を取りに行ったその時だった。正面西寄りの黒房下で、黄緑色のシャツを着た中... ...続きを見る
痛いニュース・芸能ニュースにニューハーフ...
2007/09/20 10:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
中国で同じ事してたらリンチで殺されていただろう。日本でよかったな。でも裁判長は死刑という判決を出してください。法治国家なのですから。
チャンボ
2007/09/19 09:12
自分の罪を受け入れる。
これから向かうべき死刑台までの道程で自分を見つめなおし、被害者の味わった恐怖、悲しさを感じる。
 そうすれば救われます。
 少なくとも、日本では仏様に対して“ツバを吐きかけたり”“棒でたたいたり”しません。
  
ひょっとこハム太郎
2007/09/19 21:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
身勝手な殺人犯 二人を殺しておいて自分は許してだとさ! ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる