ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 民主党の政権欲で日本が早速世界から非難されてます。

<<   作成日時 : 2007/09/21 00:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

決議分裂「日本のせい」、安保理各国に反感 給油謝意

2007年09月20日

 テロ対策特別措置法に基づくインド洋での海上自衛隊の給油活動を継続するため、日米が目指した「国連決議によるお墨付き」は、ロシアの棄権という想定外の結果に終わった。

 ロシアのチュルキン国連大使は決議の本来の目的である国際治安支援部隊(ISAF)の任務延長を、米国主導の対テロ作戦「不朽の自由」(OEF)からはっきり区別。「(OEFの有志)連合の活動は国連の枠外のものだ」と言い切った。

 背景には「安保理の一員でもない特定の国」(チュルキン大使)の国内事情を、安保理決議の交渉に持ち込んだ米国への反発がある。米国は前文をいじるだけなら全会一致に持ち込めると踏んだが、読み違った。

 全会一致が崩れた原因が「これまでなかった海上阻止活動への言及」(同大使)にあるのは明らかだ。各国は「分裂は日本のせいだ」と見ている。賛成した中国の劉振民・国連次席大使も「全会一致を目指す努力を怠ってはいけない。これが前例とならないことを願う」とくぎを刺した。

 来月半ばまで任期が残っているISAFの任期延長を急いだのには、同じく安保理外のドイツの事情もある。独連邦議会は20日からISAFへの派兵延長を議論する予定で、安保理決議が必要だった。結果として、欧州勢が採決を強行した。

 チュルキン大使は採択後、記者団に「議論が尽くせなかった。全会一致にはもう1日必要だった」と強調した。ロシアの協力を取り付ける時間が与えられないまま、不完全な成果と日本への反感だけが残った。



         〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


テロと闘う国々が日本を非難し始めました。

民主党がテロ特措法に反対しなければ今回のような事態にならなかったでしょう。

このままブルドック小沢さんがバカの一つ覚えのように反対、反対と吼え続ければ日本はドンドン世界の不人気投票ナンバー1に近づくでしょう。

まぁ1位北北朝鮮、2位韓国、3位中国の順位は不動でしょうけどね。www

それでも政権の座を盗りたい民主党は反省せずに日本国民を騙し続けるのでしょう。

インド洋上の補給活動が脚光を浴び始め段々報道されるようになってきましたけど・・・・
大変重要な活動である事がわかってきています。

世界からの評価も以外と高く、自衛隊の補給活動が万が一止まった場合は世界各国が参加しているテロとの戦いに大きな影を落としそうです。

良いんですかね?

このまま補給活動を辞めてしまって。

民主党とテレビ朝日と、政界のコウモリ男江田けんじが仕組んだテロ特措法つぶしは、確実に日本の国益を損ない始めました。

この責任を民主党とテレビ朝日とバットマン江田けんじはどう取るのか?



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「民主党の政権欲で日本が早速世界から非難されてます。」について
「民主党の政権欲で日本が早速世界から非難されてます。」について 小生は世界から反感もたれてまで給油活動をしなくてもいいと思う。アメリカの圧力で日本人の税金から出している給油を何故日本が負担しなければならないのか、この際有難味を覚えさせるために中止しても良いと思います。 ...続きを見る
小山内翔龍のつれづれ俳日記帳
2007/09/21 05:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
民主党の政権欲で日本が早速世界から非難されてます。 ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる