ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 女性射殺事件 警視総監は戒告だけなのか?

<<   作成日時 : 2007/09/21 00:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

女性射殺事件 警視総監を戒告

 この事件は、先月20日、警視庁・立川警察署の巡査長・友野秀和容疑者(40)が、ストーカー行為を繰り返したうえ、飲食店従業員の佐藤陽子さん(32)を拳銃で殺害したあと、自殺したもので、警視庁は、20日、友野巡査長を殺人などの疑いで書類送検しました。国家公安委員会は、警察官が職務で持っていた拳銃で市民を殺害するという重大な事態を招き、社会に深刻な影響を与えた監督責任があるとして、矢代警視総監を戒告、松本功一立川警察署長を3か月間減給100分の10とする懲戒処分にしました。

 松本署長は責任をとって21日付けで辞職します。また、警視庁は、友野巡査長の上司ら8人を減給や戒告などの処分にしました。矢代警視総監は、記者会見で、「制服警官が勤務中、拳銃で女性を殺害するという過去に例を見ない凶悪な事件で、まったく弁解の余地はありません。死亡した女性のめい福を心からお祈りし、ご遺族、都民、国民の皆様に深くおわび申し上げます」と陳謝しました。

 警視総監の懲戒処分は、平成9年に、警視庁の警察官が覚せい剤事件をねつ造して、当時の警視総監が戒告の処分を受けて以来のことです。このあと、矢代警視総監は、警視庁の幹部を集めた署長会議で、「警視庁に対する都民の信頼を著しく裏切り、世間の厳しい指弾を受けていることを厳粛に受け止め、全力で職務に当たるとともに再発防止に努めるよう」指示しました。

 今回の事件では、友野巡査長が佐藤さんが勤めていた飲食店に入り浸っていたのを、一部の同僚や上司が気づいていながら、適切な報告や指導が行われておらず、警視庁は再発防止策として、交番の警察官などの指導に当たるおよそ1万2000人の警部補を対象に、緊急の研修を行うほか、生活状況の把握や勤務管理の徹底を進めることにしています。


     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

警視総監がそれだけの処分なのか?

人の命を守るべき立場に警察官が制服で勤務中に拳銃で一般市民を撃ち殺しておきながら、それだけの処分?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

甘すぎねえか?

警視庁のトップならもっと厳しい処分がされて当然では?

身内に甘いな<警察は!

国民はコンナ通り一辺倒の処分では納得しないぞ!

謝罪会見をするよりも被害者の霊前で遺族に土下座をしたのか?

組織の長ならそこから始まり賠償の手続きをしてそして辞職するのが筋ではないか?

矢代警視総監を戒告、松本功一立川警察署長を3か月間減給100分の10とする懲戒処分だぁあ?

100分の10って10分の1って事だよな?

それに戒告だぁあ?

ふざけるのはいい加減にしろ!

人の命の重さをどの様に考えているのか?

これでは増大する警察不信がますます大きくなるばかりであろう。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
女性射殺事件 警視総監は戒告だけなのか? ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる