ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 細木数子の予言を無視しちゃった舛添要一厚労相頑張れよ〜

<<   作成日時 : 2007/09/02 00:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

舛添新大臣に大予言を無視された細木数子
2007年09月01日

「大臣に要請されても、おなりになんないで下さい。大殺界に入りましたからね」

 反安倍の急先鋒から、改造内閣の“お茶濁し役”に転じた舛添要一厚労相。この目玉大臣に冒頭のご託宣を送っていたのが、「ズバリ言うわよ!」の細木数子だ。

 内閣改造直前の24日に放映されたレギュラー番組「幸せって何だっけ」(フジテレビ系)。ゲストは、入閣が取り沙汰されていた舛添だった。そこで細木センセイ、話題が改造人事に及ぶと、大臣就任後の舛添の運命をこう予言したのだ。

「いま苦労することはない。(大殺界が開ける)2年半後に大活躍します。つまんないことで“バンソウコウ大臣”(の二の舞い)になっちゃう」

 ところが、舛添は意に介さず。苦笑しながら、「(安倍内閣は)生まれ変わる。命懸けでやりますから、ご覧ください」と、入閣をほのめかす余裕ぶりだった。

 結局お告げを無視された細木だが、民放関係者は「彼女の予言は外れることも多いですからね。舛添氏が無視したのも分かります」とこう続ける。

「05年7月に当時絶頂だったホリエモンについて『世界に進出する。ライブドアの株価は5倍になる』と大予言。その後わずか半年で塀の中に落ち、株価も大暴落したのは有名な話です。その場のノリで極端なことを言ってしまうようなのです」

 ほかにも「谷亮子はアテネでメダル無理」→金。「ジーコ・ジャパンW杯1次リーグ突破」→1勝もできず。「田代まさし、どんどん良くなる」→芸能界追放……と、確かに当たった予言はあまり聞かない。

 細木の予言は、またまた大外れか。それとも舛添は、第2の赤城として“地獄に落ちる”のか。



日本の3大嘘つき。

江原、朝青龍、細木。

細木はいつまで日本のババア共を騙し続けるのか?

そしてババア共はいいつまで細木に騙され続けるのか?

まぁ、舛添要一厚労相、頑張ってください、国民の為に!







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ダウ 平均 株価
日経平均、反発で始まる・上げ幅一時200円超す日本経済新聞東証株価指数(TOPIX)も反発で始まった。 前日の米株式市場では、... ...続きを見る
株価情報百科
2007/09/02 18:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
細木数子の予言を無視しちゃった舛添要一厚労相頑張れよ〜 ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる