ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 力士殺人事件 北の湖理事長の一問一答 改善する気あるの?

<<   作成日時 : 2007/09/30 13:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

時津風部屋の力士急死問題 北の湖理事長の一問一答

.

 大相撲・時津風部屋の力士=当時(17)、本名・斉藤俊さん=が6月、稽古(けいこ)後に急死した問題で28日、日本相撲協会の北の湖理事長は文部科学省を訪れて渡海紀三朗文科相らに謝罪した。会談後に、北の海理事長が報道陣に語った内容は以下の通り。

Q 大臣とはどんな話を

A 「ご迷惑をいたし申し訳ございません。深く反省しております」と私の方から申し上げました。

Q 協議を受けて相撲協会としては今後、どうするか

A 色々とご指示があった。「着実に改革しながら頑張ってください」とのお言葉を頂きました。

Q 大臣の方から話したいとの要請があったが、理事長自身が来たのはなぜか

A 私は「(事情聴取の要請を)聞きましたので、私がやはりお伺いする」という考えでした。

Q 大臣や副大臣からはどんな指示が

A やはり、力士ですから、「稽古とか、色々と、厳しさがどういうものか、ハッキリした方がよいのではないか」とおっしゃられていました。私は「番付によって色々と違いますから、そういうことも考えないといけない」と私個人的には思いました。

Q 昨日、亡くなられた斉藤さんの父は「もう相撲は見たくない」と言ったが

A 親御さんの気持ちとしたら、当然だと思います。

Q 協会側からはどういう報告を

A 私が「ご迷惑をいたし、申し訳ございません。深く反省しています」と、そういう風に言いました。

Q 内部調査もしていないなかで、どんな報告をしたのか

A 亡くなられたので、それに関しておわびしました。

Q 事実関係について報告はしていないのか

A 今、捜査中ですので、私の方からは何も言うことはできないと思います。

Q 内部調査を独自にするつもりは

A 今まで、いろいろと警察の方から書類調査があり、警察に対して私達も協力はしています。

Q どのような点を反省し、どう生かしていくのか

A 2度とこういうことがないように、やっぱり深く反省し、これを考えないといけないと思います。

Q 調査せずに反省できるのか

A 亡くなったということは紛れもない事実ですから、それに対しては深く反省しないといけないと思います。

Q 体質が問われている。体質を部屋からつくるとかしないと改善できないのでは

A 亡くなったというのは事実ですから。ただ、今後のあり方は、色々と立ち上げて色々と踏まえないといけない。

Q 「かわいがり」についての見直しは

A かわいがるということは、どういう状況なのか。さっきも言いましたが、番付によって稽古の度合いは違いますから、ある意味、もう1回、相撲の経験があるものとないものとの差があると思います。部屋によって違うところはありますけども、やはり、開きがないようにモノを考えなければいけないと思います。

Q 時津風部屋特有のものか、相撲界全体の構造的なものか

A それは各部屋によって稽古の指導はみな違いますから。時津風がどういう稽古をしているかは(分からない)。そんなに差はないと思いますが、やりすぎはいけないと思います。

Q 時津風部屋に関して、大臣は何か述べたか

A 「今後、そういう風にな(らな)いように、2度と起こってはならない」と言われました。

Q 「世間的な反響が大きくて、国民も関心がある」と大臣も副大臣も言っていたが、国民に何を言いたいか

A やはり、人の命が亡くなったことは深く受け止め、2度とないようにするのが私のつとめだと思います。

Q これ以外に、いじめのような稽古という同様の事案があると考えられるか

A 私は自分の部屋を持っておりますけども、団体生活ですからね。その辺に色々な問題があるのかな、そういう風に思います。

Q 同じようなケースはないと

A 自分の部屋は分かりますけれども、部屋ごとの対処は、私はそこまでは理解しておりません。

Q 部屋ごとに指導する体質が問われているのでは。協会として全体として指導すべきでは

A 稽古は、その部屋その部屋の指導方法があると思います。

Q 全部屋を統括する立場として今後どういう方針か

A 色んな人を入れて、稽古のあり方について、やはり検討しないといけない。私はそう思います。

Q 色んな人を入れてというのは、第三者を含めてか

A 第三者を含めて今考えないといけないのかな、と思いますけども、これから、協会の内部をまず考えないといけないと思います。

Q 時津風親方からは具体的にはどんな報告が

A やはり、何と言っても捜査中ですから、それはなかなか本人も言えないところがあるのではないか、と思います。

Q 捜査と稽古が別だと。その境は理事長、相撲の経験者でしか分からないと思うが、内部調査はやらないということか

A どういう状況かは、把握すべきだと思います。

Q 大臣は「過去の事例でもあったかどうか」を調べるのは必要だとの考えだが

A この数年ですね、どういう状況だったかというのは、やはり私どもは形として出すべきと思います。

Q 改めて内部調査するのか

A 今言ったことに対しては、この10年間ですね。どういう状況で。例えば、入院して亡くなった子供もいますからね。そういうことも、きちっとした形で把握すべきだ、報告すべきだと思います。

Q かわいがりは、いじめではなくて稽古だと思うか

A 私は行き過ぎは良くないと思います。ただ、番付によって、上を目指そうとする時には、本人がついてくる場合は、序ノ口よりも多少きついのは普通ではないか、と思います。

Q 本人が拒否した場合は

A 本人が拒否したら、なかなか稽古できるようなものではありません。

Q ビール瓶で殴るのも愛のムチである可能性はあると考えるか

A 私はないと思っています。事実、私のところは、そういうことはありませんから。

Q 第三者を入れて検討するというのは、横綱審議会のように外部を入れた組織をきちんと立ち上げるのか

A それは、稽古のあり方。また、稽古以外の団体生活面のあり方について、やはり、詳しい方を考えたらどうかと。

Q 理事長のなかで、時津風親方の処遇は

A 今は捜査中なので、なかなか言えません。

Q 捜査の結果が出てから、何らかの判断はしたいと

A 状況によっては考えるべきでしょう。

Q 部屋自体のあり方も難しくなるが

A やはり、時代は流れますから。厳しいというのは、自分がどう感じるかもある。そういうのも踏まえて、色々と考えないとならないと思いますよ。ただ、やはりね、指導している方は「強くなってほしい」という気持ちなのは間違いないと思います。

(2007/09/28 16:05)


     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



相撲協会は単なる馬鹿の集まりですね。

何時までも中学生レベルの頭の中身を持っているデブの世界。

そんな感じです。

厳しさはいいが、臆病者の集まりではね。

殴るなら、モノをつかうなよ!

手でやれよ。

それと何処までやったらヤバイとか、こいつ等は自分より強いやつと喧嘩した事が無いんだろうな。

ボコボコにやられる喧嘩をやった事のある奴なら少しは理解できるはずだ。

つまり大勢で一人を虐めるとか、弱いやつばかりに喧嘩を仕掛けていたことがバレバレです。

「無敵だった」なんてほざいている奴は、自分より強いやつに喧嘩を売った事のない弱虫ですっていってる様なもんです。

はずかしいね〜!

相撲取りがあちらの世界の人に脅かされてお漏らしをするなんて昔はよくあったそうですね。www

相撲協会が今のままの姿勢では国民は見放すでしょうね。

時津風部屋は廃止。

北の湖理事長は辞職。

最低限しなければね。

私はもう相撲を見る気は失せました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
力士殺人事件 北の湖理事長の一問一答 改善する気あるの? ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる