ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 時津風部屋 リンチ殺人事件 時津風親方が「警察に話すな」証拠隠滅を図る!

<<   作成日時 : 2007/09/30 13:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

瓶殴打、時津風親方が弟子らに口止め 「警察に話すな」

2007年09月29日

 新潟市出身で大相撲の序ノ口力士、斉藤俊さん(当時17)=しこ名・時太山、時津風部屋=が名古屋場所前の6月26日、愛知県犬山市でけいこ中に急死した問題で、時津風親方(57)=本名山本順一、元小結双津竜=が、前日の25日に斉藤さんの額をビール瓶で殴ったことを同県警に話さないよう、弟子らに指示していたことが、関係者の話でわかった。県警も口止めの事実を把握している。

 親方はその後、県警の任意の調べに対し、殴打の事実を認めた。県警は親方らの傷害容疑などでの立件へ向け、供述を変遷させた経緯の解明を進めている。

 調べや部屋関係者の話では、親方は25日の夕食で斉藤さんを正座させ、その日午前に部屋を逃げ出したことなど、生活態度を説教していた。ところが、斉藤さんが足を崩したため激高してビール瓶を振り、額に切り傷を負わせたという。

 親方のこうした行為を見た兄弟子らは、斉藤さんをけいこ場の裏手に連れ出して暴行。翌26日、斉藤さんは親方立ち会いの下、兄弟子との約30分にわたる激しいぶつかりげいこ中に倒れ、そのまま死亡した。

 時津風親方は当初、斉藤さんには通常のけいこしかしていないと県警に説明していた。その後、行政解剖で死因に多発外傷性ショックの可能性があると判明。県警が弟子らへの事情聴取を始めると、親方は「ビール瓶の件は話すな」と指示したという。

 ところが、親方はその後一転、調べに対して斉藤さんを殴ったことを認め、斉藤さんの両親にも謝罪したという。県警は、親方が当初、責任逃れのために事実を隠そうとしていた可能性があるとみて調べている

           ~〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


事実を隠そうとしていた可能性ではなく、隠そうと、証拠隠滅を図ったのは明白ですね。

過去にも同様な事が起こっていたことは間違いないですね。

相撲協会から国技の称号は剥奪しましょう。

全然事実を解明しようとしない、相撲協会は腐っている。

人間の所業だとは到底思えません。

ただの犯罪者集団だ。

K−1と共同で格闘技興行でもしていなさい。

もはや国技とはいわせねえよ!







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
時津風部屋 リンチ殺人事件 時津風親方が「警察に話すな」証拠隠滅を図る! ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる