ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 民主党の前原誠司の正体がわかります。

<<   作成日時 : 2007/09/01 00:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

小沢「ケンカ国会」態勢…民主国対委員長に山岡氏

小沢一郎代表  民主党の小沢一郎代表=写真=は31日午後、党役員人事を決定した。菅直人代表代行(60)、鳩山由紀夫幹事長(60)は留任し、国対委員長には山岡賢次財務委員長(64)が起用された。山岡氏は小沢氏側近として知られ、臨時国会では与党側と“ガチンコ”対決になるのは必至だ。また、小沢氏と距離を置く前原誠司元代表(45)の副代表就任も決まるなど、挙党態勢を印象づける布陣となった。

 山岡氏は作家、山岡荘八の娘婿。旧自由党時代にも国対委員長を経験しているが、強気の国会運営をしてきた事で知られる。かねてより小沢氏は与党側との対決姿勢を鮮明にしてきたが、山岡氏を起用することで、国会でも与党側との対決姿勢をより鮮明にする狙いがあるとみられる。

 一方、前原氏は党内では非主流派の「凌雲会」会長を務めており、テロ対策特別措置法の延長問題でも、「反対」を言明している小沢氏とは考え方が微妙に異なる。それだけに、前原氏の役員入りは、「党内の不満分子を取り込もうとする狙いがある」(党関係者)との見方が強い。

 今回の役員人事では、これまで衆院議員が務めていた政調会長ポストも注目されていたが、今後の国会では与野党が逆転した参院が主戦場になることから、参院議員の直嶋正行組織委員長(61)の起用に踏み切った。

 このほか、選対委員長には赤松広隆副代表(59)が決定した。赤松氏は旧社民党出身。党支持団体の連合との連携強化がねらいにありそうだ。また輿石東参院議員会長(71)の代表代行兼務と岡田克也副代表(54)の留任も決まった。



この人事は新鮮さも実績の期待も何も感じませんね。

唯一つの楽しみは小沢氏と距離を置くとされる前原誠司の副代表就任だけですね。

この人が信念を持つ政治家であるならテロ特措法を巡って毅然と自論を主張するべきです。

出来ない時は駄目政治家で確定ですね。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
寄り合い所帯の民主党、自由資本主義的自由経済を標榜するブルジァ的要素の小沢岡田前原中野(民社系)とプロレタリヤマルクスレーニン主義(隠れ共産主義者)分派の横道赤松路線の肯定否定の得体の知れないグループの足して2で割る説明の出来ない修正マルクスレーニン主義の寄り合い所帯の民主党、本当に彼らに政権を渡して良いのか、

終いには内部抗争が起きて社民党系と自民党系と分裂状態で宇宙をさまようハレー彗星民主党、こんな政党に日本を託していいものか解らない。自民党もゾンビ組と新興勢力の台頭で揺れる派閥間のバランス間に立つ政党でそれぞれお家の事情があるようだ。終始策として民主党渡部自民党森の腹芸で収まりそうな雲行き、之も日本国民にとっては不幸なことだ。結局世論よりも永田町論理が優先されそうな機運之でよいのか日本。
翔龍。
2007/09/01 04:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
民主党の前原誠司の正体がわかります。 ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる