ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国の接続ケーブル切断しちゃえば!

<<   作成日時 : 2007/09/05 01:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

人民解放軍、米国防総省ネットワークに侵入と 英紙

2007.09.04


英経済紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)は3日、中国が今年6月、米国防総省のコンピューターネットワークへの無断侵入に「成功」していたと報じた。米政府高官の情報としている。

データの漏えいなど詳しい被害規模は調査中だが、流出した情報の多くは機密扱い以外のものだったとしている。

国防総省当局者は侵入の事実は認めたものの、仕掛けた人物、組織などには触れなかった。前職、現職の政府高官は、国防総省の調査で、侵入は中国の人民解放軍からと突き止められたと指摘、この特定には相当の自信を持っているとしている。

中国国防省はこの報道への論評を拒否している。

同紙によると、人民解放軍の関連部局は定期的に米軍のコンピューターネットワークに「アクセス」、国防総省もこれに対抗、中国のネットワークを調べる状態が続いている。ただ、6月の侵入は中国側の新たな技術習得や能力を示すものとして同省内で危機感が強まっている。緊急時に国防総省のネットワークが麻痺する恐れも出ているという。

6月の侵入では、発信地が中国の多数の場所となっており、国防総省のネットワーク防衛を突破するまで数カ月かけていたという。攻撃を受ける間、ネットワークは1週間閉鎖された。

この間、高官らは機密保持の防御がされていない電子メールでのやり取りを再検討したとしている。

人民解放軍による政府コンピューターへの侵入では、ドイツのメルケル首相が最近訪中し、温家宝首相と会談した際、問題提起したことがある。中国外務省はこの後、ハッキングを含むコンピューターシステムに被害をもたらす行為には反対するとの基本姿勢を示している。



中国の犯罪気質は変えようが無い。

中国は世界の敵である。

何処の国でも寄生し繁殖する生命力の旺盛なゴキブリである。

その内世界的なゴキブリ撲滅運動が起こるでしょうね。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
パソコン 歴史
パーソナルコンピュータは、1970年代のアメリカ合衆国で幕開けとなった。当初はAltair 8800や、アップルコンピュータ、タンディラジオシャック、コモドール、アタリなどによる、8ビットのマイクロプロセッサを用いた製品が登場し、後にIBMやアップルコンピュータ等によってより高性能なものが開発されていった。この発明には多くの黒人技術者が携わった。製品名に初めてパーソナルコンピュータという造語が用いられたのは、1984年のIBM Personal Computer model ... ...続きを見る
パソコン.net
2007/09/05 18:43
VISVIM 通販
中国の接続ケーブル切断しちゃえば! ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!/ウェブリブログ ...続きを見る
VISVIM 通販
2013/07/10 07:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国の接続ケーブル切断しちゃえば! ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる