ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 「小人のざれ言」

<<   作成日時 : 2007/10/03 10:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

舛添厚労相、一部市長をバッサリ「小人のざれ言」

2007/10/02

 舛添厚労相  舛添要一厚労相=写真=は2日の閣議後会見で、年金保険料の横領問題をめぐる自身の「市町村は信用ならない」との発言に対し、一部の市長が抗議していることについて「小人(しょうじん)のざれ言に付き合う暇があったら、もっと大事なことをやらなければいけない」と反論した。

 会見で、舛添氏は「私に言うより、不正を働いたところの首長に言いなさいということだ」とも話した。

 舛添氏は先月29日、「銀行は信用できるが、社会保険庁は信用ならない。市町村はもっと信用ならない」と語った。これに対し、鳥取県倉吉市の長谷川稔市長や東京都武蔵野市の邑上守正市長が「不用意な発言が年金行政全体の不信感をさらに招きかねない」として厚労相に抗議していた。

 厚労相に就任以来、年金不正について国民に詫びるより、社保庁職員や市町村職員を批判して存在感を示してきた舛添氏。地方自治体の首長による正式な抗議を「小人のざれ言」と斬り捨てたことは今後、波紋を広げそうだ。



             〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


舛添厚労相の発言は厳しいかもしれないが、市町村の長達は不満をや抗議をするのはねえ〜

事実全てではないが市町村の不正は多発している。

自分の所でたまたま不正がなくても反論などせず市政、町政、に力を注ぐべきである。

言葉は確かに厳しい。

しかし国民はこの言葉で安心している事も事実である。

国民は駄目な物は駄目と言うリーダーシップに期待しているのだ。

言葉のあげあしを取り文句をつける前に各自治体は努力するべきである。

テレビを呼んでパフォーマンス等してる場合であろうか?

国民は不正を行っているのは全ての市町村と疑っている。

その信用を回復するのに必要なのは真摯に仕事をする姿勢と結果である。

不正をしていないのであれば黙っているべきである。

地方自治体の危機が問題になっている時に、余計な事をするべきではない。

信用がないのは自治体の所為なのだから。

市町村からの抗議は小人の戯言にしか聞こえない。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
舛添厚労相
「小人のざれ言」舛添厚労相、一部市長をバッサリ「小人のざれ言」(続きを読む) 舛添氏発言 一連の動画舛添要一厚生労働相が社会保険庁職員による年金保険料の着服・不正受給問題に関し、「市町村の窓口は(社会保険庁より)信用できない」と発言したことが、波紋を呼んでいる。鳥取県倉吉市の長谷川稔市長が激怒し、先月30日に厚労相宛の抗議文を提出した ...(続きを読む) 倉吉市長は抗議の相手を間違えている=年金保険料の着服問題【PJ 2007年10月03日】&#8722; 長谷川稔・鳥取県倉吉市長が... ...続きを見る
気ままにyoutube アニメ 日刊 ド...
2007/10/03 10:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「小人のざれ言」 ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる