ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 7年ぶりでも何にも成果の無い南北首脳会談 一言で言うなら「下らない」

<<   作成日時 : 2007/10/07 09:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0



韓国 拉致対応抗議のハンスト

 韓国のノ・ムヒョン大統領は4日までの3日間、ピョンヤンを訪問し、北朝鮮のキム・ジョンイル総書記と首脳会談を行いましたが、発表された共同宣言には韓国人の拉致問題が盛り込まれませんでした。これを受けて、韓国の拉致被害者の家族会は5日、抗議のため大統領府の前に集まり、参加者のうち、韓国政府から大統領府前にとどまることを許された代表のチェ・ソンヨン氏がハンガーストライキを始めました。チェ代表は声明を読み上げ、「拉致問題の解決なしに、偽物の平和を叫び、国民を欺いた首脳会談は失敗だった」などと批判しました。

 韓国政府は、480人余りを韓国人の拉致被害者として認定しているのに対し、北朝鮮側は、韓国人の拉致を公式に認めていません。ノ・ムヒョン大統領は4日夜に発表した談話で、韓国人の拉致問題も取り上げたものの、南北双方の立場の隔たりが大きく、解決に向けた合意を引き出せなかったと説明しましたが、韓国の最大野党や保守派からは、大統領の対応は手ぬるかったという厳しい批判が上がっています。
  

           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



キム総書記 福田政権を見守る

 これは南北首脳会談に同席した韓国のイ・ジェジョン統一相が5日、記者会見で述べたものです。イ・ジェジョン統一相は、南北首脳会談で日本の拉致問題が取り上げられたかどうかについて言及しませんでしたが、「両首脳は会談で、日本と北の関係正常化が朝鮮半島と北東アジアの平和において、そして6か国協議においてもたいへん重要だという点で包括的に論議した」と述べて、ノ・ムヒョン大統領が、日朝の関係正常化を進めるようキム総書記に促したことを明らかにしました。これに対して、キム総書記は「『日本は福田総理大臣に代わったので、今後、日本政府の政策を見守る』という立場を示した」ということです。韓国政府は南北首脳会談の結果について説明するため、5日、外交通商省のシム・ユンジョ次官補を日本に派遣しました。


           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



外相“韓国の説明聞きたい”

 この中で、高村外務大臣は「日本としては、拉致問題について話が出たほうがよかったが、あくまで南北の首脳会談であり、南北の間でそうなったと受け止める以外にない」と述べました。そのうえで、高村大臣は「韓国の外相からは、首脳会談で拉致問題を話し合うと事前に聞いていたが、まだはっきりした情報がないので説明を聞きたい」と述べ、南北首脳会談に同行し、5日に来日する韓国のシム・ユンジョ外交通商部次官補から詳しく説明を聞きたいという考えを示しました。


           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



拉致 韓国の説明受け対応へ

 4日まで行われた南北首脳会談では、韓国のノ・ムヒョン大統領と北朝鮮のキム・ジョンイル総書記が、核問題の解決のために互いに努力することを確認するなどとした共同宣言に署名しました。これについて、高村外務大臣は、4日夜、記者団に対し、「北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議での合意が履行されるよう努力することや、朝鮮戦争を終結に導くため協力することなどが盛り込まれており、全体的によい方向だと思っている」と述べ、評価できるという認識を示しました。

 ただ、拉致問題については、共同宣言に直接の言及がなく、どの程度の話し合いが行われたのかわかっていません。南北首脳会談については、韓国政府が会談に同行した政府高官を日本に派遣するとしており、政府としては、韓国側から詳しい説明を受けたうえで拉致問題を含む北朝鮮への対応を検討したいとしています。



            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



金正日総書記が「私は心臓病ではない」と伝える

 北朝鮮の金正日総書記が、自らの健康状態について、「私は心臓病ではない」などと伝えていたことが分かりました。

 金総書記は4日、韓国の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領との昼食会で、「私があたかも糖尿病や心臓病であるかのように報道されているが、事実はまったく違う」と健康悪化説を否定しました。金総書記は、外国人医師が訪朝したと報じられたことについて、「我が国の心臓病の研究が少し遅れており、人を呼んで研究させているだけなのに、誤った報道をしている」と指摘しました。



            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



北朝鮮訪問終えた韓国大統領 南北会談成功アピール

 3日間にわたる北朝鮮訪問を終えて韓国に戻った盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が国民向けに演説を行い、「大きな成果を得た」と今回の首脳会談の成功をアピールしました。

 盧武鉉大統領:「(初めは)本当に合意できるのだろうかと目の前が真っ暗になった。(最後には)大きな成果を挙げることができた」
 盧大統領は、このように首脳会談の成果を誇示しました。宣言にうたわれた合意内容は8つ。50年以上続いているいわゆる休戦状態については、終息へ向かうことで意見が一致し、「終戦宣言」を目指して関係国間との調整が進められることになりました。これに伴い、北朝鮮に新たな経済特区を作って共同作業を進めるなど、経済交流も活発になります。しかし、核問題に関しては、6カ国協議の合意事項を尊重する形にとどまりました。今回の共同宣言に、日韓の拉致問題についての言及はありませんでした。南北首脳は、言葉のうえでは「平和」への道筋をつけた形で、共同宣言にこぎつけました。しかし、実際に北朝鮮側が核問題の解決など「平和」に向けて動き出すかどうかは、まったく分かりません。


            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



いろいろとニュースは流れていますが、これと言った成果はありませんでした。

拉致にも言及しなかった。

日本は無視してかまわないでしょうね。

一言・・・

「下らない!」

それだけです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
糖尿病の合併症とその管理
自覚症状がなくても高血糖状態を長く放置しておくと、糖尿病独特の合併症が起きてきます。合併症とは、病気に合併して起る身体的障害のことを意味します。 ...続きを見る

2007/10/08 18:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
7年ぶりでも何にも成果の無い南北首脳会談 一言で言うなら「下らない」 ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる