ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 再生紙はがき偽装?・・・無理やり悪い事にしようとしてませんか?

<<   作成日時 : 2008/01/18 18:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

再生紙はがき偽装?・・・無理やり悪い事にしようとしてませんか?



再生紙ではがきを作る そもそも「無理」だった


2008/1/17


産地や賞味期限などの「食品偽装」が相次ぐなか、こんどは業界ぐるみの「環境偽装」が明らかになりつつある。「日本製紙」が年賀はがきの古紙の割合を少なく偽っていたことが発覚したのに続き、日本郵政にはがき用紙を納入していた他の製紙会社4社も、すべて「偽装」に手を染めていたことが明らかになったのだ。各社は偽装の理由を「品質を保つため」と主張するが、この問題の経緯を見ていくと、そもそも再生紙ではがきを作ろうとしたことが「無理筋」だったのではないかという疑惑も浮上してくるのだ。
発売当初から「再生紙入り」のすべてが偽装

今回の「環境偽装」が発覚したきっかけは、2008年1月8日夜放送のTBS系のニュース番組「ニュース23」だ。同番組では、日本製紙社員から送られてきたという、同社が製造する年賀はがき用紙について

「公称40%の古紙配合となっていますが、当社では1%しか含まれていません」

との内部告発メールを紹介。同番組では、各地で年賀はがきを購入した上で専門家に分析を依頼。地域によってばらつきはあるものの

「本来ならは40%の古紙が含まれているべきところ、多くとも5%しか含まれていなかった」

などと報じた。

1月16日になり、さらに問題は拡大した。日本郵政会社が記者会見を開き、年賀はがきに限らず、すべての再生紙はがきについて、用紙を納入した5社すべてが古紙の割合を偽装していたことを明らかにしたのだ。

西川善文社長は、

「(各社の古紙配合率は)それぞれ40%に満たない、多いところで20%」
「平成8(96)年用の絵入り年賀はがきから再生紙化した、ということになりますが、その当初から40%には満たなかった」

などと述べ、「発売当初から、再生紙入り年賀はがきのすべてが偽装」であったことを明らかにしたのだ。

最初に問題が発覚した日本製紙は、同日夕方に記者会見を開き、中村雅和社長が

「環境偽装と言われてもしかたのないような事態を招いたと考えています」

などと謝罪、辞意を表明した。偽装の経緯については

「古紙パルプの配合比率を上げると、現状の弊社の技術レベルでは品質を犠牲にしなければならないという現実があります」

と、品質問題を挙げた。同社の説明を詳しくみていくと、

「葉書用紙が再生紙化された平成4(1992)年当時、工場内発生損紙も古紙として認識し、古紙パルプ6%と合わせた30%でテスト生産した結果、近い将来の技術革新で配合率40%の実現が可能と営業判断し受注を開始しました」

として、「工場の損紙24%を含み、かつ、技術が進歩すること」を前提として、古紙40%が可能だという判断をしたことを明らかにしている。
最初から業界は「期待されるような品質は無理」といっていた

ところが、この「損紙24%」を古紙としてカウントすることが認められないことが判明。ここで「古紙40%」は実現不可能だということになるが、中村社長によると

「コンプライアンスよりも、(古紙)配合率を下げて品質を確保することを優先」

した結果、1996年用の再生紙年賀はがきから「偽装」が続いてしまった、ということのようだ。

この背景を裏付ける証言をする人もいる。08年1月16日放送の「ニュース23」では、91年から、郵政省(当時)で再生紙利用を検討した会議の座長を務めた福岡克也・立正大学名誉教授が、このように語っているのだ。

「40%〜50%が古紙利用の限界かな、ということになって、その部分まで、研究会として報告したんです。(製紙会社から来ている会議メンバーは)相当苦情を言ってましたよ。『リサイクル率を上げることはよくない』『期待されるような品質のものはできない』と」

いわば、「古紙40%」は、製紙会社にとっては「無理筋」だった、ということも言えそうだ。

日本製紙以外には、王子製紙、三菱製紙、北越製紙、大王製紙の4社の「偽装」が明らかになっている。いずれも、「古紙の割合を高くすると、品質が低下する」ことなどを偽装の理由として挙げており、業界全体として「元々、不可能な条件での発注を引き受けていた」ということにもなりかねない情勢だ。


http://www.j-cast.com/2008/01/17015687.html


**************************************


古紙を再生する事により環境汚染もあるという。

そして紙質が悪くなりトラブルも増える。

製紙会社各社がいわゆる偽装をしていたみたいだが・・・・

これってそんなに悪い事ですか?

無理やり大事に仕立てているようですが?

特にTBSが!

この事件の陰で何かが大きな不正が隠されているのでは?

例えばTBS絡みの問題とか・・・・・


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
年賀はがき 古紙配合率関連の話題
【人気急上昇の話題はやっぱりいいよね♪】にようこそ!今回紹介する人気沸騰中の話題はこちらです。ウエストが1ヶ月で14cm減!ダイエットブレス『Bella』古紙配合率100%の英習帳。ナカバヤシ 英習帳 13段ノE-101商品価格:103円レビュー平均:5.0楽天球場名また難題、.. ...続きを見る
人気急上昇の話題はやっぱりいいよね♪
2008/01/19 14:39
王子製紙 株式会社コレでどうですか?
★新聞で話題!!薄めずそのまま使えるタイプ!王子製紙(株)が開発!安全!消臭抗菌... ...続きを見る
スクープ見つけてこい!
2008/01/21 09:47
お年玉 年賀はがきの最新情報
再生紙はがき偽装?・・・無理やり悪い事られてきたという、同社が製造する年賀はがき... ...続きを見る
超特急ニュース
2008/01/29 09:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
再生紙はがき偽装?・・・無理やり悪い事にしようとしてませんか? ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる