ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 反捕鯨活動家に捧げます。「海犬のうそ」

<<   作成日時 : 2008/01/18 18:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

反捕鯨活動家に捧げます。「海犬のうそ」





反捕鯨団体が妨害活動再開を宣言、活動家は「海に投げ落とされかけた」と主張

2008年01月18日 12:19 発信地:シドニー/オーストラリア

【1月18日 AFP】(一部更新)南極海で日本の調査捕鯨船に対し反捕鯨運動を行っている米環境保護団体「シー・シェパード(Sea Shepherd Conservation Society)」は18日、拘束されていたメンバー2人が帰還次第、妨害活動を再開すると発表した。

 同団体のキム・マッコイ(Kim McCoy)氏はオーストラリア放送協会(Australian Broadcasting Corporation)に対し、「2人が船に帰還したら、われわれがここに来た目的である国際保護法の順守を求める活動を再開する」「至急活動を再開し、日本の捕鯨船による違法行為に介入するのがわれわれの急務だ」などと語った。

 同団体のオーストラリア人のベンジャミン・ポッツ(Benjamin Potts)氏(28)と英国人のジャイルズ・レーン(Giles Lane)氏(25)は15日、調査活動を妨害する目的で第2勇新丸(Yushin Maru No 2)に侵入し、2日間身柄を拘束されていた。

■「海に投げ落とされそうになった」、活動家ら主張

 17日夜、豪巡視船「オーシャニック・バイキング(Oceanic Viking)」に身柄を引き渡され、18日に「シー・シェパード」の船に戻ったポッツ氏は、豪ラジオ局フェアファクス(Fairfax Radio Network)のインタビューに応じ、第2勇新丸の乗務員が自分たちを海に投げ落とそうとしたなどと語った。

 同氏の主張によると、「2人の男がわたしを肩に担ぎ上げ、(クジラの)射撃手がわたしの両足を持って海に落とそうとした」。ポッツ氏が手すりにつかまって抵抗したところ「手を蹴られた」が、海に落とされるのは免れたと話している。

 また、自分たちの身柄引き渡しに関して2人は交渉にほとんど参加できず、状況は「最小限の英語しか話せない人物を通して少しずつ知らされた」。「解放されるまで暗い場所に閉じこめられていた」「われわれの船やオーストラリア、英国両政府と連絡することは認められなかった」などとも語った。

 日本側は、2人は不法侵入者にも関わらず丁重に扱われたとしている。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2337917/2532048


********************************************



中条きよし  うそ  (ご参考に)
http://www.fukuchan.ac/music/j-sengo2/uso.html


中条きよしの「うそ」の替え歌で・・・ 


「海犬のうそ」



喋る貴方の 元気さで

あなたの嘘が わかるのよ

誰かに入れ知恵 されたのね されたのね

あー 優しく保護して あげたのに

あー てんぷらおやつも あげたのに

男が私を  担ぎ上げ 

日本があとから 泣けるよな

いやしい嘘の つける人




あなたした事  悪い事

相手に酸を  かけるクセ

無理やり乗り込み 叫ぶくせ 叫ぶくせ

あー 動物好きでも ないくせに

あー カンガルー殺戮 どうするの

僕は鯨が 好きだよと

牛を殺して 売りつける〜

平気で嘘の つける国




あー やたらに殺しちゃ いけないよ

あー コアラもディンゴも 気をつけて

動物愛護と 言うけれど

カンガルーほろりと くるような

子供を殺すの 上手い国


(オーストラリアではカンガルーの子供の殺し方を国民に指示している。)


カンガルーの殺し方の豪政府指針、愛護団体は批判 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2008年 01月 7日
 
[キャンベラ 7日 ロイター] オーストラリアの動物愛護団体は6日、政府が新たに示したカンガルーの子供の「人道的な殺し方」の指針で、頭を自動車のけん引棒に「強力に打ち付ける」ことが推奨されていることに、疑問を投げ掛けた。

 環境省が発表した、銃殺されたり車にひかれた親カンガルーの袋から見つかった子供の扱いの行動規範案では、散弾銃で至近距離から撃つことも勧めている。

 野生動物保護団体「ワイルドライフ・プロテクション・アソシエーション」の代表、パット・オブライエン氏は、地元紙に対し「連邦政府は、無防備なカンガルーの子供を散弾銃で木っ端みじんにしても良いと考えていると言っているも同然だ」と述べた。

 環境省のスポークスマンは「誰もがカンガルーに愛着を持っていると思うが、数が多過ぎるのが問題」と指摘。時にはへき地でも使える現実的な方法を見つけようとしていると語った。

http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-29638320080107


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

次のyoutubeの映像はオーストラリア人のカンガルー虐殺の現場が写されています。

赤ちゃんカンガルーの頭を勝ち割って殺す。

コレがオーストラリア政府が指示している指導している殺し方などです。

Racist Australia and Japanese whaling 白豪主義オーストラリアと反捕鯨
http://www.youtube.com/watch?v=e8lvep0-Ii0


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



動物愛護とは?



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
反捕鯨活動家に捧げます。「海犬のうそ」 ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる