ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 何故橋下氏が当選したか?

<<   作成日時 : 2008/01/28 12:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

何故橋下氏が当選したか?


大阪府知事選:橋下氏勝利…民主に打撃、与党も勝利感薄く

 橋下氏勝利に終わった大阪府知事選は、党営選挙を展開した民主党に打撃を与えた。次期衆院選の選挙戦略の練り直しも迫られそうだ。与党には安堵(あんど)が広がったものの、衆参両院で与野党勢力が逆転した「ねじれ国会」の追い風材料にならない現実もあり、勝利感は薄かった。

 「勢いがそがれた。都市部をどうするか、真剣に考えなければいけなくなった」

 民主党幹部は選挙戦を振り返り、まずは反省を口にした。民主党は「次期衆院選の前哨戦」と位置づけ、昨年11月の大阪市長選に続く連勝で勢いづく戦略を描いていた。

 民主党は05年前回衆院選で都市部は大敗。小沢一郎代表は「次期衆院選は大都市と地方の両方で頑張らなければいけない」と指摘しており、都市部対策の試金石でもあった。

 告示後、小沢氏は2回大阪入り。11日には新テロ対策特別措置法の採決を棄権してまで、新党日本の田中康夫代表と大阪市の商店街を練り歩き、無党派層へのアピールを狙った。菅直人代表代行も2回、鳩山由紀夫幹事長も5回足を運んだ。全国会議員にも最低1回は応援に行くよう指示した。

 ただ、鳩山氏は27日夜、記者団に「(小沢氏の棄権が)全く影響がなかったかと言えば、(敗北の)理由の一つに挙げられるかもしれない」と語っており、ちぐはぐさも隠せなかった。

 熊谷氏の擁立が候補者選定にも疑問を投げかけることになりそうだ。衆院300小選挙区のうち64が空白区。また、小沢氏は「勝てる候補を立てる」とすでに決まった公認の差し替えも示唆しており、今回の結果が候補の最終決定に影響を与える可能性がある。

 一方、与党は予防線を張る意味からも「国政に結びつくものではない」(伊吹文明自民党幹事長)と位置づけてきた。結果に対して「政党色を出さない選挙だったが、気分的には悪くない」(自民党幹部)との声が漏れたが、橋下氏という特異なキャラクターも加味すれば、今回の結果は劣勢を強いられる暫定税率存廃問題、株価下落などに直接つながるわけではない。

毎日新聞 2008年1月27日 23時58分


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


<大阪府知事選>知名度に悔しさ…熊谷さん

1月27日22時43分配信 毎日新聞

 元大阪大大学院教授の熊谷貞俊さん(63)=民主、社民、国民新党推薦=は「知名度だけで政治の形が決まるなら、日本の将来は危ない」と、悔しさをにじませながら、大阪市北区の事務所で民主大阪府連幹部や後援会メンバーらに頭を下げた。【犬飼直幸】 



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



何故民主党が推薦した候補が負けたか。

簡単な事である。

府民が政治家が嫌いだからである。

政治家が嫌いだと言う語弊があるかもしれないが、政治の世界又は政治家とは縁の薄い人を選びたいと言う思いが主流なのではないか。

其れは政治家が、今まで積み重ねてきた汚職の構造に一般国民がうんざりしているのだ。

国民が地方自治体の長を選ぶ時の基準が変ったのだ。

偉い政治家の先生には騙され続けてきたので、政治家とは縁遠い人物を選んだのである。

責任感だ、出来もしない政策を実行しますと繰り返し悪口ばかり並べ立てた熊谷ナントカに大阪府民は政治家の匂いを感じたのだ。

決して橋下氏の知名度だけに負けたのではない。

知名度よりも何かを変えようとする姿勢と意欲を大阪府民は選択したのではないか?

そしてはるかに熊谷ナントカよりも現実的な政策。

フジテレビの某番組で、小泉純一郎の元秘書の飯島ナントカが政策の中身がうんタラかんたら批判していたが、其れは見当違いなのである。

マニュフェストはあくまでも有権者との実現可能な約束である。出来もしない事を並べて悦に入るだけの政策は有権者は見抜いてしまう。

マニュフェストの通り約束を果たした政党、議員が一体何処にいるのか是非教えていただきたい。

要は人間のやる気と其れが何処まで本気かが重要なのである。

熊谷ナントカに本気を感じたであろうか?共産党に推薦された候補に本気を感じたであろうか?

民主党は参議院選挙の勝利で勘違いしているようだ。

前回の参議院選挙で民主党が大幅に議席数を増やしたのは、単に国民が、自民党にお灸をすえただけの事なのだ。

民主党の議員や支持者達は浮かれて気づいていないようだが、民主党の政策が小手先だけの詭弁で日本にとってマイナスの政策を打ち出そうとしている事を国民は薄々感づいている。

まして、民主党が実は口先だけの政党で、腐った自民党よりももっと民主党は腐っていると皆が思っているのである。

衆議院議員選挙が行われたらテレビ局が真面目な顔をして伝える世論調査とは違った結果になる事は確実である。

大阪府知事選は民主党の浮かれた劣化議員達の終焉への序曲なのだ。




ビラをまいたり、電話攻勢をしたり、橋下氏に悪口攻撃したり、恥ずかしい「ガソリン値下げ隊」を大阪に送ったり、マスコミに橋下氏のたいした事のない過去を書かせたり、小沢一郎が「ダボス会議」に行くの行かないので二転三転したり、テロ対策特別措置法の採決を棄権して、新党日本の田中康夫と大阪市の商店街を練り歩いたりした事も府民と国民は、民主党のやり口全てを馬鹿馬鹿しいと判断したのである。

其れと、民主党のお馬鹿さん達と、飯島秘書官他、勘違いしている方たちは一様に知名度だけだと言っているが・・・・

その発言は極めて大阪府民を馬鹿にしていませんか?

まるで、大阪府民は有名人だったら誰でも投票するなんて思っているようですね。

そんな認識だから、党がボロボロなんだな、民主党は。

こんなに簡単な事が判らないのでは、仮に政権交代が達成されて民主党が政権を取っても、短命で終わる事は確実である。

>「知名度だけで政治の形が決まるなら、日本の将来は危ない」

負けても尚こんな馬鹿な事を言う人間は知事の器ではないし、又、この程度の敗因認識しかないという事こそ憂うべき事だ。

民主党・・・・何処まで愚かなる党か。




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
何故橋下氏が当選したか? ニッポン大好きクラブの者ですが!!!!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる