福田衣里子は肝炎で酒が好き・・・なんか変だぞ!薬害肝炎原告団!  マスコミが隠す不都合な真実・・・・




記事に対する読んだ方の感想の気持ち玉が書き込めなくなってしまったので、

再アップします。

この方に対する記事や写真が得体の知れぬ力で片っ端から削除されているなんてお話もあったりして。

やましくなければ、

そんな事をする必要は無いはずですね。

では~♪




















画像


『日本国民の税金は私達のもの!!!肝炎原告団」





画像


               「お支払いありがとうございます~♪ 肝炎原告団」


画像


                 「肝炎なのに酒を飲みまくる、福田衣里子」

福田衣里子は肝炎で酒が好き・・・なんか変だぞ!薬害肝炎原告団!


(社)飯塚青年会議所 理事長Blog

iizukajc.exblog.jp

トップ | ログイン
福田衣里子さん

留学2007年 10月 24日
昨夜は『この薬本当に大丈夫』例会が開催されました・・・

福田衣里子さんは3、4月あたりから例会にお招きしようと、
構想がありました、そして、10月の例会でとなりました

今連日連夜のメディアでの彼女を含める薬害肝炎訴訟の報道による
圧倒的な報道陣の数、カメラの数に独特な雰囲気の例会となりました

福田衣里子氏公式ブログ
http://blog.livedoor.jp/ennriko555/

彼女に関して、一連の薬害肝炎に関しては報道やインターネットで
より詳しく分かると思います。

違う角度からの福田衣里子さんについてカキカキします

『私お酒好きなんです』と。
確かに彼女はお酒好きでした

『携帯、色違いですね』
同機種の色違いをメンバーに話しかけていました
メンバーは嬉しそうにしてましたね。
次々とメンバーが福田さんの横へ行き、色んな話を
そのうち、『福田さん』から『エリコちゃん』となり、
より一層、隣の女の子という感じになりました。

メディアの中での福田衣里子さんしか、知りうる事が出来ません
想像を絶する日々を過ごされているんだと思います
そんな中で昨夜が一瞬でも、楽しい時間となっていれば・・・

『伝える事、そして一人ひとりが動く事が大事なんです』
彼女の懇親会での最後の挨拶で頂きました

昨夜は柳川JC川野愛委員長がオブザーバーとして例会、懇親会
までお付合い頂きました、ありがとうございました。


Commented by LOM支援いいんちょう at 2007-10-25 09:35 x
火曜日はお世話になりました。とても考えさせられました。薬剤師の目から見た感想を私のブログに書かせていただきました。http://lovelove1212.cocolog-nifty.com/pharmacist/
来週も会員会議所でお世話になります。
Commented by iizuka-jc at 2007-10-25 09:48
すごい長文でした。お越し頂きありがとうございました。


Commented by 質問 at 2007-12-21 13:48 x
肝炎の患者さんがお酒を飲む事はいいのでしょうか?
肝炎ではお酒は禁忌だったと思ったのですが。
Commented by 返事 at 2007-12-21 15:27 x
いいんですよ。
彼女は既に陰性して完治しているのですから。  <---(此処が問題の箇所です)完治しているってさ~♪




http://iizukajc.exblog.jp/6664478/




*********************



肝炎(かんえん)とは、なんらかの原因で肝臓に炎症が起こり発熱、黄疸、全身倦怠感などの症状を来たす疾患の総称である。肝炎の原因は様々であり、ウイルス、アルコール、薬物、自己免疫性などがあげられる。

日本では肝炎ウイルスによる肝炎が80%をしめる。特に日本ではA、B、C型が多い。

肝炎ウイルスによる肝炎発症の機序は、ウイルス自体が肝細胞を破壊するために起こるのではなく、肝細胞内で増殖しているウイルスに対する生体の免疫反応によって、ウイルスだけではなく肝細胞も一緒に障害を受けてしまうことによる。


*********************



ウイルス性肝炎

* A型肝炎 - 経口感染
* B型肝炎 - 垂直、性行為感染
* C型肝炎 - 医原性(輸血、血液製剤等)
* D型肝炎
* E型肝炎 - 経口感染
* G型肝炎
* TT型肝炎


*********************



C型肝炎

C型肝炎の主な感染経路はウイルスの混入した血液を介したもの(輸血や集団予防接種の注射針の回し射ち、刺青など)である。 C型肝炎の性行為での感染、母子感染はまれであるとされている。殆どのC型肝炎感染者は医療行為が原因で感染したものと推測されている(上記の注射針が主因と考えられる)。



*********************



薬害肝炎(やくがいかんえん)とは、血液凝固因子製剤(フィブリノゲン製剤、非加熱第IX因子製剤、非加熱第VIII因子製剤)の投与によるC型肝炎(非 A非B型肝炎)の感染被害のこと。製薬会社「田辺三菱製薬」は、フィブリノゲン製剤の推定投与数は約29万人であり、推定肝炎感染数1万人以上と試算している。




*********************



C型肝炎と飲酒

 飲酒の習慣があるC型慢性肝炎の患者さんは、病院で「お酒は止めましょう」と言われると思います。それでは、アルコールはC型慢性肝炎にどのような影響を及ぼすのでしょうか。

 まず、お酒を飲む習慣がない人に比べ、習慣的に多量に飲酒をする方は、肝障害が明らかに進展します。アルコール摂取によりHCV-RNAの量が増加するという報告があり、アルコールはC型肝炎ウイルスの増殖を招き、その結果、肝機能を増悪させて病状の進行を早めると考えられているのです。逆に禁酒すると HCV-RNAの量が低下し、肝機能は改善します。ですから、飲酒の習慣を止められない患者さんは、インターフェロンの投与の適応も難しくなります。
 また、C型肝炎ウイルスによる肝硬変の患者さんでは、アルコールが肝臓がんの発生を促進するとの報告もあります。
 我々は原則としてC型肝炎ウイルスによる慢性肝炎や肝硬変の患者さんには禁酒をするようおすすめします。しかし実際の医療現場では、様々な性格や職種の患者さん、そして独自の「生き様」をお持ちの患者さんがお見えになりますから、病状によっては少量の飲酒を許可する場合もあり、我々にとってもなかなか難しい課題です。



*********************



飲酒の習慣があるC型慢性肝炎の患者、福田衣里子さんは、病院で「お酒は止めましょう」と言われなかったのでしょうか?

飲酒をする方は、肝障害が明らかに進展し、アルコールはC型肝炎ウイルスの増殖を招き、その結果、肝機能を増悪させて病状の進行を早めると考えられている。

逆に禁酒するとHCV-RNAの量が低下し、肝機能は改善すると言う。

飲酒の習慣を止められない福田衣里子さんは、インターフェロンの投与の適応も難しくなる。

福田衣里子さん。

貴方は肝炎を治す気があるのですか?

それとも、巷で言われている通り完治しているのですか?

どちらなんでしょうか?

どちらでも不快な女性ですね。

どちらにしても嘘つきな訳ですから。www





画像



                 「そんな服で原告団は活動するのですか?」






薬害肝炎の原告団、マスコミが隠している不都合な事実






(1)当該血液製剤開発~1985年

1977年アメリカでB型肝炎ウィルスが原因でフィブリノゲンの販売禁止。

日本ではB型肝炎は不活性化されていたため販売継続。

(ここを知らない、又は意図的に混同している人が多い。)

ちなみにこの不活化処理がたまたま存在が知られてなかったC型にも効いていた。

(2)1985年8月~

それまでB型肝炎不活化処理に使っていた物質に発ガン性が発見され使用禁止に。

そして偶然、新しい方法ではC型肝炎を不活化できなくなった。

1987年 血液製剤由来と思われる非A型非B型の未知の肝炎の集団発生を受けて厚生省とミドリ十字が調査開始。

調査中の感染拡大を懸念し原因は不明な段階ながら予備的措置として過熱化を決定

1987年4月20日 ミドリ十字 非加熱フィブリノゲン自主回収開始

1987年4月30日 厚生省 加熱フィブリノゲンの製造承認

(3)1988年5月~

1988年5月 厚生省 加熱フィブリノゲンの回収等を決定

1988年6月 ミドリ十字 各医療機関にフィブリノゲンの返品を要請

1989年 アメリカでC型肝炎ウィルス発見


マスコミ報道で言われるところの、

「1977年にアメリカでは血液製剤フィブリノゲンが販売禁止になったのに、日本はその後も販売を継続していた」

というのは、(1)の誤解、或いは(1)~(3)の経緯を知らないが故の誤認であるらしい。

薬害肝炎で言われている「C型肝炎」ウィルスが発見されたのは1989年(3)で、それ以前(1985年以前)の血液製剤はA/B型肝炎のための対策が施されていた(偶然、未知のC型にも効いていた)が、1985年以降の製法変更で未知のC型を抑止できなくなった。

「アメリカが販売禁止を定めた後も売っていた1977~1985年」については、C型肝炎が知られていなかったため政府の責任を問うのは難しい(C型肝炎ウィルスの存在が発見されるのは1988年)。

と、そういうことらしい。

http://d.hatena.ne.jp/azuki-glg/20071220

 
             ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


質問・・・・薬害肝炎の原告団って、本当に正義なのですか?


回答・・・・当時の産科診療の現場や外科手術の現場では,広くフィブリノゲン製剤が使われており,それが普通のことでした.しかも,1975年に産科における出血に対して,フィブリノゲン製剤を使わなかった産科医がフィブリノゲン製剤を使わなかったことを理由に裁判で敗訴しています.

弛緩出血ショック止血措置輸血措置懈怠―医師側敗訴
東京地方裁判所昭和50年2月13日判決(判例時報774号91頁)

官僚の判断として,「現場で普通に,しかも広く使われている」薬剤を禁止するためには強い根拠が必要です.1977年12月のFDAのフィブリノゲン製剤承認取り消しという判断は欧米において血清肝炎(主にB型肝炎)が劇症肝炎になることが多かったことに依拠しています.日本では血清肝炎が劇症化する率自体が低く,欧米におけるリスク評価とは異なっており,さらに,1977年12月当時,ミドリ十字のフィブリノゲン製剤は既にB型肝炎ウイルス対策として BPL処理が導入されており,B型肝炎を伝搬することはないとされていましたから,その当時の厚生省が承認を取り消さなかった判断はその時点で正しかったのです.

後の検証にて,たまたまC型肝炎ウイルスもBPL処理で100%近く不活化できていたことがわかっています.その後,1985年にBPL処理が世界標準の抗HBsグロブリンで処理する方法に変更され,それによりC型肝炎ウイルスが不活化されなくなり,感染被害者が増えました.非A非B型肝炎がC型肝炎ウイルスによると判ったのはその後の1989年であり,肝硬変や肝癌に進展するリスクが判ったのはさらにその後です.

勘違いされている方が多いのですが,薬害エイズに関しても,解決から時間が経って当事者達が冷静になるにつれ,あの解決は誤りであったと評価されるようになってきています.官僚や製薬会社トップ,帝京大安部先生などの個人責任追及に終始したことは誤りでしたし,当時の官僚が現実的にできる最大限のことを行っていたことがすでにわかっています.

薬害エイズでは承認に関わった厚生省官僚が刑事訴追されました.その結果起こったことは新薬承認の萎縮行政です.医薬産業政策研究所の調べでは2004年の売上高が上位だった世界の医薬品88製品のうち、28製品は日本で使えません.

先進国の中で新薬が承認されるまでにかかる時間の長さで日本が群を抜いていることはよく知られた事実です.日本では新薬承認の業務は医薬品総合機構でおこなわれていますが,承認業務は特殊でこれを行うための技能を持った人が少なく製薬企業関係者に集中しています.元々,こうした技能は製薬企業でしか必要とされませんから,当たり前のことです.

しかし,薬害と騒ぐ人たちが多いため,医薬品の承認に製薬企業を関わらせるなと規制が厳しくなっていて,業務に関わる人手を増やせません.つまり,官・財癒着と批判されるので,製薬企業関係者が新薬承認に関わることができず,新薬の迅速な承認ができないのです.薬害エイズのトラウマもあり,厚労省は責任逃れで承認基準を明文化しないので治験してもデータが使えないなどの問題が生じています.

マスコミは薬害エイズに続き,イレッサの時も薬害と叩きましたし,薬害肝炎も同様で,国民も同調しています.その一方で,世界で標準的に使用されている多くの抗癌剤が日本では承認されておらず,世界標準の抗癌剤治療は日本ではできません.これもマスコミは厚労省の新薬承認の怠慢として叩いていますが,こうなったのは薬害エイズで旧厚生省の官僚の責任追及がなされたことが原因です.

結果の重大性に基づいてマスコミ,国民が思考を停止させ,誤った方向性で事件を解決したということは薬害問題を考える上で冷静に反省しなければならないことです.

今後の医療補償という形での救済は積極的に行うべきですが,「非情ではあっても」世論におもねることなく,「専門家の見解として」責任を認めることはできない,とバッサリ切ることが必要だったと思います.今回の解決は,国民に「かわいそうでしょう,私たち」と騒げば,何でも国や製薬企業,病院,医師の責任にできるといった誤ったメッセージを与えます

http://okwave.jp/qa3623956.html



****************************************





1977年にアメリカでは、B型肝炎ウィルスが原因でフィブリノゲンは販売禁止になったが、1977年12月当時,ミドリ十字のフィブリノゲン製剤は既にB型肝炎ウイルス対策として BPL処理が導入されており,B型肝炎を伝搬することはないとされていた。

偶然、存在が知られてなかったC型肝炎ウイルスにもBPL処理で100%近く不活化できていた

しかし1985年8月~B型肝炎不活化処理に使っていた物質に発ガン性が発見され使用禁止になった。

その為、世界標準の抗HBsグロブリンで処理する方法に変更されるが、それにより未知のC型肝炎ウイルスが不活化されなくなった。

これにより、非A非B型肝炎感染被害者が増えた。

非A非B型肝炎がC型肝炎ウイルスによると判ったのはその後の1989年である。

C型肝炎が、肝硬変や肝癌に進展するリスクが判ったのはさらにその後だ。

すると、1977年にアメリカでフィブリノゲンが販売禁止なったあと、危険だと知りつつフィブリノゲンを日本で販売し続けた製薬会社、見逃した政府に責任があるとした肝炎原告団の主張は事実ではないという事が判る。

それでも、肝炎原告団を税金で救う必要があるのだろうか?

薬害肝炎の原告団、マスコミが隠している不都合な事実

何故か、マスコミはこの事実に一切触れない。

事実が、原告団のヒステリックな訴えに捻じ曲げられたままだ。

コレで良いのだろうか?

更に、1975年には産科における出血に対して,フィブリノゲン製剤を使わなかった産科医がフィブリノゲン製剤を使わなかったことを理由に裁判で敗訴している。

1975年以降は、産科における出血に対して、フィブリノゲン製剤を使わない事は医師にとって許されない事だったのだ。

技術が進歩し、当時未知だった事が当たり前となった30年後の現在、30年前の処置は間違いだと責める事は愚かな行為である。

この記事へのコメント

yuki
2010年06月03日 12:26
県民は何を考えて投票したのでしょうか?同情?しかしこの方は政治の何一つ解らない人に私たちの生活を託していいものでしょうか?この方は同情をもらって当選すれば勝つための民主党の操り人形でしか有りません。政治的には何一つ知らない人で自分の肝炎の事以外は皆無です。国民は貴女のような方に税金を払ってるのでは有りません。世の中貴女のような肝炎患者だけが身体的障害者ではないのです。貴女は二言に目には肝炎患者の事しかコメントしないですよね。国政政治家になったのならもっと視野を広げて他の障害者の事も考えていただきたい。
ニッポン大好きクラブの者
2010年06月03日 22:27
yukiさん。
福田衣里子に投票した県民は民主党とマスコミの選挙の為の嘘に騙されたのです。
福田衣里子は肝炎患者からも白い目で見られています。
自分だけ完治して賠償金を貰い家を建てて、政治家になり年収が億に・・・・
肝炎患者の事など忘れてしまっています。
福田衣里子は人間の屑です。
民主党はそんな人間の屑の集まりです。
政権与党の政治家が無知無能ばかり・・・・口蹄疫、米軍基地問題、環境問題、朝鮮半島問題、拉致、経済・・・すべて台無しになっています。
全て民主党と民主党候補に投票した愚国民の所為です。、
長崎二区の者
2010年07月08日 02:07
福田衣里子、治ってたんですか・・・。私の一族はB型肝炎の一族で、皆60歳になる前にバッタバッタ肝癌で死んでます。皆毎日遅くまで働いて、納税して、年金さえも受け取れずに死んで行きましたよ・・・。個人差はありますが肝炎は発症すると、酒を我慢しても働いたりして疲れると進行するんですよ。福田何某には投票しませんでしたが、私の一族の命を削って払っている税金がこんなヤツの給料になってるなんて、悲しくて仕方がないです。
ニッポン大好きクラブの者
2010年07月10日 23:56
長崎二区の者さん。
福田衣里子・・・・・こいつは鬼畜そして小沢一郎の泥人形です。
こんな奴に税金が食い物にされているのです。
悲しく残念ですが現代の日本の現実です。
こいつを筆頭に詐欺師と犯罪者だらけの民主党を政権の座から引きずりおろすことが日本の将来の為です。

この記事へのトラックバック